ときフラッシュ作者の想い
(2月24日に追記しました)


緊急でテキストをあげさせてもらいます。
少し急いで書いているため、変な文章になっているところもあるかと思いますが
ご勘弁下さい。


新潟県中越地震関係の、ある募金サイトの管理人氏が(注
私の書いた、ときへの感謝状の中の

奇跡は決して、偶然じゃなく
頑張らない者には起きないってことを。


という文章を引用し

今回の地震の被災者に対して
努力が足りなかったから被災したのだ
としかうけとれない発言をされているようです。
(今は削除されました)


私は決してそんな意味でこの文章を書いていません。

また、私も友人たちも全員
この募金サイトとはまったく関係ありません。

飛砂走石は、一切のプロ市民・政党・宗教等の団体に所属していません。
どっちかと言うと毛嫌いしてます。


ときFlashを観てどう感じるかは、人によって違うのは当然だと思います。

面白いと思う方もいるでしょうし、つまらないと感じる方もいるでしょう。

でも、自分の意見を正当化するための手段として
私の作品・文章を曲解して使用するのはやめて下さい。



私はただ、このサイトに偶然やって来た人が

のんびりまったり見てまわり

なんとなく気に入った人がたまに覗きに来てくれて

何かを感じてやさしい気持ちになってもらえ

ちょっぴり元気になって帰って行く・・・

そんな作品を作って行きたい。


私の想いは、それだけです。



2004年11月20日 飛砂走石





追記

私の文章を引用されたのは、募金サイトの管理人本人さんではなく
スタッフの方だそうです。

私には、このサイトの募金活動を妨害するような意図はありません。

ボランティア活動の取りまとめというものが、どんなに難しいものかというのは
私も少しだけ理解出来ると思っています。

この募金サイトがこれから問題点を整理し
ネットでの支援のモデルケースとなることを期待してやみません。

この件に関しまして、関係のない閲覧者の方々にご心配をかけ
申し訳ありませんでした。

これからも、よろしくお付き合い下さい。


2004年11月23日 飛砂走石





追記2

前回の追記で、
私には、このサイトの募金活動を妨害するような意図はありません。
と書きましたが、どうにもそんな状況ではなくなってるようですね。

再度書かせて頂きます。

私も友人たちも全員
この募金サイトとはまったく関係ありません。

ボランティアは、相互の信頼関係が成り立っていることが大前提です。
募金を募るなら最低、収支決算を公表するのは当然だと私は思うのですが・・・。
こういうことが続くと、ちゃんとしたボランティア組織まで変に疑われてしまいます。
この件に関するちゃんとした対応を、この募金サイトがとられることを
心から希望します。

今回の震災に限らず、大きな事件・事故が起きた場合
それを名目に金を集める寄付サイトは必ず出現します。
寄付や協力をする側の人間も、しっかりと自分の頭と目と耳で判断してほしいと思います。



さらにもうひとつ、別の気になる情報も入ってきました。

これは今のところ単なる「うわさ話」で、まったく信憑性などはないのですが
もし真実だったときのために、「飛砂走石」としての想いを書いておきます。

ある新潟出身の議員さんを中心にして
今回脱線事故を起こした「とき325号(K25編成)」を保存し
展示する記念館を作る計画が進められているそうです。


「とき」を愛する者として、これは複雑です・・・。

私は確かに、「とき号(K25編成)」の運用復帰を願っていて
もし強度的にダメなら、保存されることを望んでいます。

しかし、それはあくまでみんなが納得する形での保存なのです。

あの新幹線車両を輸送し展示するとなれば
どう考えても億単位の税金を使うことになるはずです。

まだまだ復興にはほど遠い現在の状態で
それが国民に支持されるでしょうか・・・?

「とき」に反感を持つ人は出ないでしょうか・・・?

私は「とき」の保存は望んでいますが
税金を使った、誰かの人気取りに利用される形での保存は望んでいないのです。


まぁ・・・
観光の目玉として、何かシンボルが欲しいという気持ちも分かるのですが・・・
(出来たらきっと私も見に行くでしょうし・・・)

もしこの計画が本当に決定するなら、誰もが納得し祝福される内容であることを
心から希望します。


私は「とき」に限らず、電車も車も、良きパートナーだと思っています。

人生を豊かに楽しませてくれる、すばらしい友だと思っています。

だからこそ・・・

私は御神体として祭り上げられている「とき」を見たくないとも思っています。


2004年12月30日 飛砂走石





追記3

いささか思うところがあり、しばらくサイトの更新とBBSレスを控えていました。

メールやBBSでご意見・ご感想を言って下さっていた方々、返事が遅くなり大変申し訳ありませんでした。
お詫び致します。

昨年の「ときFlash」公開以降、非常にたくさんの方に来て頂き
その上、多くのお褒めの言葉まで頂いて感激しています。

ただ、このように急激にアクセスが増えて有名になってしまったサイトには
必ずそれに反感を持つ方や、その人気を何かに利用しようとする方が現れてしまうようです。



先日、私にある団体から協力依頼がありました。

私を非常に高く評価して頂いており、金銭面を含めてすごく良い条件でのお話でした。

でも・・・

私はいろんな意味で『アマチュア』なのです。

『プロ』なら、たとえ自分の考えと違っていてもクライアントの要求に応えるべきなのでしょうが
私は、このサイトの閲覧者の方々を特定の思想・政党・宗教等の団体へ
引き込むことにつながりかねないことをやることには抵抗を感じてしまいます。

私がフラッシュ作品を作るときの想いは、あくまでエンターティメントなのですから。

ときフラッシュにより、自分の名前を売ることも
なんらかの対価を得ることも私は望んでいないのです。



今回その団体の関係の方に、いろいろ貴重なご意見を頂きました。

でも私としては、被災者の方たちに送る寄付金の額を少しでも多くすることに努力するより
天災により苦しんでいる人たちの一服の清涼剤となり、閲覧者が楽しめる作品の提供の方に
努力したいと考えています。

どうかよろしくご理解下さい。



ここをご覧の「とき」を想うみなさんへお願いです。

現在、「とき」の絵本を作る計画が、某大手出版社の協力を得て進められています。
これからその出版が近くなってきたら、ここでもお知らせしようと思っています。

でも、そのときは、あわてず、騒がず、まったりと行こうじゃありませんか。(^^;

私の「ときフラッシュ」のURLを、まったく関係ないスレやサイトに大量にコピペする方がいて
少し前にそこのサイトの管理人さんからクレームを受けました。

絵本のCMも、やりすぎると逆効果になってしまいます。

みんなでゆっくりじっくりまっすぐまっすぐ進みましょう。



最後になりましたが・・・

今回、「ときフラッシュ」のURLを無差別に張りつれられたサイトの皆様
不快な気分にさせて申し訳ありませんでした。

本来なら、このサイトのトップや各フラッシュのページごとに
『場の空気を乱すようなURLのコピペは、どうかやめて下さい』
と表記するべきなのかもしれません。

でも以前に同じようなことがあったサイトを知っているのですが
そこでこのようなお願いのコメントを入れたところ
逆にコピペ厨の数を増やす結果になってしまったことがありました。

今回おそらくそのようなコメントを入れても、騒ぎが沈静化するどころか
逆効果になってしまうと思われます。

ですから表立って私はコメントしていませんが、
今回のことについては、作者として大変申し訳なく思っています。

どうもすみませんでした。

心より陳謝致します。


2005年2月24日 飛砂走石



モドル